海外でも大人気、VAPEとは?

海外でも大人気、VAPEとは?

近年電子タバコは雑貨屋や、時にはコンビニエンスストアなどでも見かけることが多くなり、その分普段からタバコを嗜む人の健康意識が高くなってきたことを示しています。北米を中心に海外では、電子タバコの一種であるVAPE、ペイプと呼ばれるタバコの人気に火がついています。VAPEのカートリッジに専用のリキッドを入れ、発熱させることによって、水蒸気が出てきます。その煙を吸うことで、タバコを吸った時と同じような満足感を得ることができます。VAPEのリキッドには沢山の種類があり、香りとフレーバーを楽しむことが出来る上に、ニコチンフリーのものも選べることが魅力の一つです。また火を使わないため、眠りタバコなどによる火事の可能性も非常低いです。これまで禁煙目的の電子タバコが主流でしたが、ベイプはその見た目がとてもスタイリッシュなことから、若者の間で非常に人気が高まっています。

さまざまな目的で使用できるVAPEについて

タバコを吸っている人からはもちろんのこと、タバコを吸っていない人からもおしゃれだとして注目を集めているアイテムがあります。それが、VAPEです。リキッドを入れて使う電子タバコで、さまざまなフレーバーのリキッドがあるため、タバコを吸っていない人にも、試してみたい、という気にさせるところがなんといっても面白いところでしょう。たくさんの煙を吐き出すことができるので、周りをびっくりさせられるというところも、海外製品ならではの面白さだと言えます。禁煙やたばこの本数を減らすために使うのはもちろん、お菓子の食べ過ぎを防ぐというダイエット目的でVAPEを手に取る女性も多いと聞きます。確かに禁煙をすると、その分食べてしまって太る、という話はよく聞きますから、逆転の発想と使い方ができるという点も面白いのかもしれません。

行楽地にはVAPEをお供に

五月は一年の内でも一番爽やかで過ごしやすい時期です。新緑も美しく家族や仲間みんなでアウトドアに興じる方多くいらっしゃる事でしょう。そんなアウトドアのキャンプ場や海水浴場、みんなが集まる様々な場所で問題になってくるのが、トイレ事情と喫煙事情なのではないでしょうか。トイレが混むとか、匂って臭い等は今昔永遠のテーマですが、最近では喫煙、分煙の流れがとても強まっているので、アウトドア先での喫煙は、環境破壊なども問題も更にからまって、とても重要な問題になってきてもいるのです。携帯のマイ灰皿は当たり前の時代です。時代の流れから禁煙する人も増えて来ていますので、健康の為にも一度は考えてみるのも良いのではないでしょうか。けれど、どうしてもタバコ絶ち出来ない方は、こういうシチュエーションでは電子タバコVAPEがお勧めです。ファッション性も高く、若者にはすでに愛用者も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*