VAPEとはどんなものか

VAPEとはどんなものか

VAPEとは、加熱して霧化した蒸気を楽しむ、新しいたばこのかたちです。これまでの非燃焼型のたばこというと、電子タバコが一般的ですが、VAPEはたばことたばこ以外も含めて火をつけずに喫煙できる製品カテゴリー全体を指します。その中でも火をつけずに、ホンモノの煙草を味わえるJTの「PLOOM」や「IQOS」などの加熱型たばこデバイスが注目されています。既存の電子タバコではやはりタバコではない感がどうしてもありましたが、「PLOOM」や「IQOS」ではホンモノのたばこ葉を使用しているのが最大の特徴であり、紙巻きたばこに近い喫煙体験を楽しむことができます。たばこポッドやヒートスティックスと呼ばれるものを加熱することで、単なるフレーバーではないたばこ本来の味わいを享受できます。新登場の全く新しいたばこのかたちを体験してみたいですね。

VAPEがもたらす錯覚の効果について

タバコが体に有害だとされるのは、主にニコチンが原因と考えられます。ニコチンには習慣性があり、それがタバコをやめられなくなる大きな原因だからです。そのため、電子タバコが登場したとき、そのカートリッジの中身にニコチンが含まれていないことが大きな話題になりました。ニコチンをとれたような気分になって、イライラがおさまるとして話題になったニコチンレスのガムも同じような発想です。VAPEはリキッドを使う電子タバコですが、これにもニコチンは含まれていません。けれども、たくさんの煙が出るところが大きな特徴で、この煙を吸ったり吐いたりすることによって、まるで本当にタバコを吸った気分になれるのです。この吸った気分になれるというのは、人間の脳にタバコを吸ったぞ、という錯覚を起こすため、非常に効果的ではないでしょうか。何となく吸っている人には、効果があると思われます。

新時代のタバコのVAPEとは

海外でお洒落で健康的なタバコの楽しみ方としてよく知られているのが、VAPEです。アトマイザータンクにさまざまな風味のリキッドをいれることによって、吸うと煙が出てきて、まるで本当にタバコを吸っているかのように煙を吸って吐くことができます。その煙の量はシャレにならないほど多くすることもできれば、本物のタバコ程度のほどほどの量にも調節することができ、ここにちょっとしたアソビゴコロを見つけることができます。何よりその煙にはニコチンが含まれていませんから、自分はもちろんのこと、周りの人にタバコの煙がもたらす害を与えることがないのが、最大の特徴でしょう。海外では日本以上に健康を損ねる行為を排除しようという動きがありますから、その結果、こうしたVAPEという新時代の電子タバコが生まれてきたのではないか、と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です